Home > おそまつ ロボット博

2007/11/05  おそまつ ロボット博  [ メニュー: 行ってきました ]
国立科学博物館で開催中のロボット博にいってきました。期待していった分、がっかり度100%。最悪な展示方法、誘導にはもうアンビリーバボーでした。

混むのを見越してはやめに家をでて、10時前についたので、入り口は思ったよりえらくすいていました。

ヨシ!入ったところ地下の展示室は意外と人が多い。
うーん、やっぱみんな早いのね・・と思いつつ、展示は後回しにして30分おき開催のホンダのアシモロボットショーを見よう!と思い。その誘導列へ。

30分ほど並んで、いざアシモへ!というときに、この先こちらの展示室へは戻れません、出口にしか出られません。と係員の声。???まだなんにも見てないんですけど???戻れないってどういうこと???
係員、この先はアシモのみです。売店へも戻れません。だって。はーーーー!!??

並ぶときにも、そもそも入場するときにも、誰にもなにもそんなこと聞いてないし、案内のサイトにだって、そんなこと書いてなかったわよ!

戻ってみたかったらもう1階チケット買えってことらしい。

ありえない!!まわりのひとも大激怒してました。

仕方がないので、ウチはいったん、列から離脱し=30分を棒にふりつつ!展示を見て回ることに。千葉工業大の社交ダンスロボットの実演などもありましたが、大人が黒山の人だかりで全然子どもにみせてくれない。がっかりでした。なぜ子ども優先に考えないのでしょうか?一人でも多くの子どもが見られるように係員が誘導すべきです。全然誘導なんて誰もしていませんでした。

ほかの展示もよくみると動かないものばかり、ペットロボットでおなじみのAIBOやパロだっけ、丸いやつ、そこらへんも手をふれないで、だし、日本の伝統からくり人形だって動いているのを見られるかと思っていったのにガラスケース展示のみ。美術品を見に行ったんじゃないんですよ。あくまでロボット博!動いてなんぼ!じゃないんですか?

高山のお祭りからやってきた、からくりの山車も、ただでーんと場所をとってそこにいるだけ。あれがなかったら、社交ダンスロボをもっとたくさんの人が見られる!っていいたくなるくらい、動かないなら邪魔なだけです。

ただもくもくと動いていたのは、FUNACの工業ロボ。あたりまえだよね。だったら工場見学にいったがよっぽどマシでし。

一通り動かないものばかりの展示をみて、また30分ほどアシモの列へ並びました。30分並んだらご案内できます、という話だったんですよ。またこれがテキトー!30分後にご案内されたのは、アシモ展示をみる、さらなるスタンバイ列。そんなのも聞かされいませんでした。いったいいつまで待てばいいのか、教えてくれればすむのですが、アナウンスなし。結局そこでまた30分近くまたされて、やっと15分のショーでした。ショーが15分で終わることも知りませでした。正確にはえんえん、ホンダのプロモビデオを見せられてアシモがでたのは15分ですから、ショー自体30分というのはまあ間違いではないのかもしれませんが、ほとんど詐欺!

アシモ展示への誘導は本当に大問題だと思います。
冒頭にも書きましたが、まったくなんのアナウンスもなく、さんざん並ばせたあとにここから先は戻れませんということが1つ、もうひとつは、並ばないで=席に座らないで、見るコースもあります。そちからは立ち止まらないで見てください。というお急ぎコースも用意してあるのはあるのですが、結局そのひとたちは立ち止まってみるわけです。それも公平ではありません。それが2つ目。

3つ目。お急ぎコースのほうには、アシモ開発の経緯などのおもしろそうな展示パネルがありました。私はそちらも見たかったのです。ショーがおわったら見られると思ってました。でも、アシモ座ってみるコースの列に並んだ人は、座って見終わったら、即出口へ誘導され、展示パネルは見てはいけない、というのです。

ショーを座ってみるなら、パネル展示は見るな、パネル展示をみるなら、ショーは立ち止まって見るな!の二者択一だったんです。しかもその二者択一をさせられたことすら、最後までわからせないような誘導なのです。

ありえないです。

ディズニーランドがどれほど待たされても、待ち時間の目安や、ファストパスなど工夫があって待つ間もいろいろ楽しめるところがあそこの<よさ>ですが、そういう観点でモノを考える発想を国立科学博物館にももってもらいたい!

日曜だから、とか混んでいたからとかは言い訳にならないです。人が来るのはわかっているんですから、それが仕事でしょう!

アシモショーは、大人は動くだけでへーー!っては思っても、頭の柔軟な未来を見ている子どもたちにとってはロボットは動くのは当たり前、しゃべるのだって当たり前で、だから、なに?って感じでしたヨ。それはそうですよね。だからこそ、なおさら、子どもたちがもっともっと最新技術にふれられて、自分もやってみたいって思えるような見せ方ってあると思うんです。

おもちゃ博物館じゃないんですから、ブリキロボ、超合金ロボ、ガンプラの展示なんていらないんです。
もっとふれたり、動いているものをみれたり、ワークショップ的なものをいれほしいとも思います。

あまりにつまらなかったロボット博をでて、常設展示のほうへまわったら、こっちは結構楽しめました。幼稚園くらいからだったら、お弁当もっていくとけっこう一日楽しめると思いますよ。
お弁当が必須です。

中のレストランも平日はそうでもないのかもしれませんが、日曜日、昨日は30分待ちでした。子どもたちDS持っていたから待てましたけど、なにもなかったらキレてます、絶対!まあ、レストランの接客も文句つけどころはあったのですが、そっちのクレーム度よりアシモがひどすぎたから・・・

上野、国立科学博物館、常設展示はまあまあおもしろいので、冬のおでかけ先としてはオススメなスポットかな。





2007/11/05  09:10
投稿者: yumiko104

コメント
tani: アシモの誘導はひどいですね。よく見えるところに大きく書いてもらいたいものですね!こういうのはクレーム出していいんじゃないかと思います。

どこかのブログに、入場料1400円と書いてありました。もうちょっと入場料に匹敵する内容が欲しかったですよね。
( on 2007/11/06 at 22:49 )
だんご: そうそう、がっつりクレーム、科学博物館へメールしましたよん。実名で、しっかり住所、電話番号もいれて。

入場料は、ほかの常設展示をじっくりみたってことでまあカンベンしてあげようって感じでした。
( on 2007/11/07 at 22:19 )