とっておきの遊び場、穴場、クチコミ情報など、身近な情報や意見・感想をお寄せください。
親子でお出かけ企画

08.10.01

【2008年度】 ● 遊びに行ってきました!! 

 

 

暑い日が長く続いていましたが、

もう10月、やっと秋らしくなりましたね。

お出かけするにはいい季節がやってきました!

 

せっかくだから、いつもとは違う遊び場へも行ってみませんか!

 

プレイパーク、園庭開放、プール、公園などへ

ココマップ隊が行って遊んできました!!

 

暑い日には水分補給、早めの休息などもお忘れなく!

 

 

 

 

鯛ヶ崎プレイパーク

 

 

7/29、新しく開通したグリーンラインを利用して 

鯛ヶ崎プレイパークへ行ってきました。

 

毎週火・水・木曜 第2・4土・日曜 10:00〜17:00(冬場は日没まで)

プレイパークの様子や開催予定日、催しなどは

 

通信「遊び鯛」やホームページから確認できます。

http://www.geocities.jp/taigasakipp/

  

日吉本町鯛ヶ崎公園  港北区日吉本町5-62 

横浜市営地下鉄グリーンライン 日吉本町駅から徒歩5分

 

☆9月より団体利用が有料になります。団体利用については

1団体につき500円と、カンパをお願いしています。

 

 

☆東急東横線の日吉駅でグリーンラインに乗り換えて一駅。駅から公園までも近いし、日吉駅での乗り換えも全てバリアフリーでベビーカー(息子)+歩きの娘を連れていても移動はとても楽でした。ただ、今のところ東横線とグリーンラインの通し切符は一部の駅でしか発売されていないそうです。乗り換えの際に切符を買う必要があるので、PASMOを用意しておくと便利ですよ。

 

☆日吉本町駅から公園に向かう道の途中、セブンイレブンがあるので、お弁当や飲み物など買って行けます。

 

☆私たちが遊びに行った日は丘の斜面を利用したウォータースライダーが設置されていました。娘(4歳)にはちょっと早いかなと思いましたが、小学生のお兄ちゃん達が元気に滑っているのを見て思わず「私もやってみたい!!」と参加。最初はスタート地点まで上るのも、スライダーを滑るのも危なっかしい感じでしたが、気づけばひとりで何度も上って滑って・・・、の繰り返し。お兄ちゃん達が上手に面白くリードしてくれたお陰で本当に楽しそうでした

当日はサークルの集会日だったようで、次々と親子連れ(未就園児?2〜3歳くらい)がやってきました。他のママたちとも自然におしゃべりしたりと結構居心地がよかったです。

 

水遊びのほかにもいろんな遊具が用意されていて、手作りブランコやハンモック、お砂場グッズに三輪車、独楽に縄跳び...一日飽きずに遊べそうでした。団体登録をすると用具を貸してもらえるので、お昼にサークルの方たちは流しそうめんをしていました。(おいしそうだった。)

☆木々に囲まれていて、車の音なども聞こえずとてもいい環境です。プレイパークをやっているスペース(ちょっと秘密基地っぽい)と砂場・すべり台・鉄棒などがあるいわゆる公園スペースがあります。トイレ・水道あり。木陰があって暑い日でも涼しく感じるので、お弁当・おやつなどを挟んでのんびり遊べます。

☆親子ともどもいつもとは違う公園遊びができとても新鮮です。その他にもちびプールやなわとび・コマ回し、木工作業や机の上でのお絵かき(要確認)など色々な「しかけ」が用意されていて楽しめます。

ココマップ隊の感想

 

 プレイパークは木に囲まれていて、どこかしら木陰が出来るので涼しく、子どもたちの遊びを見守るママたちも楽だな〜と実感。(反対に冬は周りより2,3度暖かいとの事。) 雨が降れば木と木の間にブルーシートを渡して遊び場にするなどうまく森を利用していました。(かなり蚊は多いので、虫除けは必須アイテムですが...)何でも素材から手作りという感じなので全体的に素朴というか、ワイルドな感じがチラホラではありますが、皆、少々の怪我やぶつかりあいでは動じない雰囲気もあり、この環境が子どもの好奇心や自信を育てるんだ、と感じられました。(水遊び用に水着や着替え、シートを持っていくとグッドです。)

 運営は基本的にカンパでまかなうことになっているそうですが、中々厳しい現実があるようで、(団体登録グループへの用具の貸出を有料にするかどうか、検討中との事でした。)私たちもお話を聞くまでカンパで運営とは知らず、カンパ箱も目立たなかったので、危うくそのまま帰るところでした。 日吉の街中からホンの10分で着く、自然あふれる子どもの遊び場です。子どもだけでなく、大人も一緒になって遊べます。(森林浴も出来ますよ。)いいところなのでみんなで支えていきたいなぁと思いました。

(うっきーママ:7歳、4歳男児のママ)

 

○ プレイパークのモットーは「自分の責任で自由に遊ぼう」。その言葉の通り、プレイリーダー・スタッフの方々はなるべく手出しはせず、でもいつもしっかりと温かく見守っている、という印象を受けました。でも・・。プレイパークが始まる前には様々な設備の準備をして、終わればそれら全てを片付け。そしてプレイパークの合間も気づけばテーブルゾーンで入念に打ち合わせしている姿が・・。こうしたスタッフの方々のお力があってこそのプレイパークなのだ、ということを理解しなくてはいけないな、と感じました。といいつつ、カンパはし忘れてしまった私(恥ずかしい)。次回はぜひさせて頂きます。個人的には鯛ヶ崎公園を訪れるのは3度目。プレイパークは2度目でした。娘も「知っている公園」「前に来たときもやっていたプレイパーク」ということで、回数を重ねる毎に楽しめるようになってきました。ぜひまた近いうちにリピートしたいと思います!

(yuyusan:4歳女児、2歳男児のママ)

 

 

 

 

港北保育園 園庭開放

 

8/4、港北保育園の園庭開放に遊びに行きました。

6ヶ月〜もうすぐ4歳の子ども4人を連れていざ!

妙蓮寺と白楽の真ん中でどちらの駅からもほぼ平坦でいける場所にあり、

車どおりが多い道からは離れていて、隣に大きな公園がある

自然にあふれているステキな立地でした!!

 

※駐輪場の用意はないので、自転車でのご来園は控えてください。

http://www.city.yokohama.jp/me/kohoku/hoikuen/index.html

  

港北区仲手原2-20-19 
 東急東横線妙蓮寺駅から徒歩5分

 

 

☆とっても暑い日だったので、10時半すぎに到着した私たちは

一番乗り(!?)入り口には名前を書く表と名札が。

たくさんの名札にビックリ!

☆特別室という園庭開放時に開放しているお部屋で涼みながら遊んで、ママ達はまずは休憩。0歳児にもとても嬉しいお部屋。このお部屋で授乳・オムツ替え・着替えができます。おままごとやお人形、車などたくさんのオモチャがたくさん!

 

☆暑い中、子ども達を引き連れて汗をかきかきやってきたので、エアコンの効いた部屋は天国!まずは落ち着いて水分補給をしたり、ひと休みできます。そうこうするうち、園庭開放常連ママさん達も到着。皆さん気さくで、「何歳ですか〜」「お名前は?」なんて話から始まり、世間話したり育児情報の交換もしたり。子どもだけじゃなくママ達も楽しんでる様子が伝わってきました。この部屋では、上の子の遊ぶ様子を見守りながら、ゆっくりとオッパイができました。授乳時、上も下もストレスなく過ごせる、こんな環境はなかなか無いので、ありがたかったです!

お部屋の隣にはトイレ。

「子ども用トイレ」がたくさん並んでるのを見て大喜び。

☆ 園庭はとても広くて、砂場は木陰になっていて涼しい!

 三輪車もたくさん!

 

☆園庭は走り回れる広さが十分にありました。目の前に道路が無いので、安心で静かな環境です。園庭が木に囲まれている上に、フェンス越しには公園の緑もたくさん見えて、目にも心地よかったです。ジャングルジムや滑り台など魅力的な遊具もありますが、この日は本当に暑い日だったので、園庭で遊ぶお子さんは少なかったようです。でも、砂場には屋根がついているので、外遊び好きな子は、陽を避けてそこで遊ぶことができました。砂場は大きくて、スコップ・型やおままごと道具が用意されているし、何より管理されていて衛生的なので安心して遊べます。

   

☆ 8月に行ったのでプール開放もしていました。(11時40分〜 夏季期間限定。)在園児がクラスごと順番に入り、お昼になったら開放の時間。これがまたとっても楽しい&涼しい。水着か水遊び用パンツを着用すればOK!特別室でお着替えして、温水でおしりを洗ってから入ってください〜!プールの周りはビニール芝が敷き詰められていてすべらないよう安全対策されていました。お玉やバケツがあって、プールに浮かんでいるヨーヨーや金魚のオモチャをすくったり、パシャパシャ遊んだり。水の量も子どものひざくらいなのでママはズボンをまくって一緒に入って遊べます。バケツいっぱいヨーヨーを集めてみんなとっても嬉しそう!プールの苦手な子にもオススメ!それでも大きいプールは・・・、まだ小さくてこの深さは・・・というときは横にビニールプール・たらいも!

☆園庭開放には専属の先生が付き添ってくださり、遊びながら世間話をしたり、子育ての近況を話したり、園庭開放=親子の相談の場になっていて、とてもいい空気でした。

ココマップ隊の感想

 

○ 園庭開放は以前近所で遊びに行って、子どもが場所見知りをしてクタクタになった記憶があったので、「写真を撮ったらすぐ帰ろう!」ぐらいの気持ちで行ってみました。ところが!!「楽しい!」「楽しい!」の連発。遊びに来ている年齢層は1歳半〜2歳児が中心でしたが子ども心を惹きつける工夫がたくさんで親の目からみても「楽しそう!」な保育園でした。ママ達も和気あいあい。井川先生にもお世話になりました。「帰りたくない〜」「また行きたい!」と大好評でした。もし、近所にあったら毎回行きたい!!他の園の園庭開放にも行ってみたいと思います♪

 (chikarina:3歳女児、2歳男児のママ)

 

○ 0歳児を連れて遊びに出るときには、ずっとおんぶか抱っこのままで過ごすことも多いものです。この暑い時期、赤ちゃんを担いだままでは母の体力的にも厳しく、短時間で引き上げてしまって、上の子はちょっと不満のまま…となることも多々あります。ですが、ここではゆったり降ろせる部屋があって本当に助かりました。また、プール遊びや着がえの時には先生が「下の子を見てましょう」と声をかけてくださって、感謝感激でした。思う存分遊ぶことができた上の子も、ゆっくりオッパイが飲めた下の子も、そして優しい声をかけていただいた母も、楽しい、充実の時間を過ごせました。

 余談なのですが、自転車で行こう!と言うことで、近所で待ち合わせをして出発した私たち、保育園の場所を勘違いして全然違うところに行ってしまい><「港北保育園知りませんか〜!?」と尋ねてウロウロ・・・誰も知らないはずです。1駅くらい間違ってました・・・親切な方が車から地図を持ってきてくださり、「自転車なら、このルートで行くといいよ。」と。なんとか発見!が、保育園が見えてからも入り口がわからずウロウロ。入り口見つけた!と思ったら「自転車での来園不可」の文字!自転車どうしよう〜(><)と近所の方に「この辺で自転車置けるとこありませんか?」と尋ねたら、「うちに置いて良いよ。」と。遠回りをして大変だったけど、とってもステキな方たちと出会うことができて、「世の中捨てたものじゃない!」と思った1日でした。

(シモッチ:3歳女児、7ヶ月男児のママ)

 

 

 

綱島公園 ログハウスモッキー&プール

 

7/28、暑い日でしたが、親子2組で綱島公園へ

ログハウスモッキーと子供用プールへ行ってきました。

 

 

<こどもログハウス モッキー>

http://www.city.yokohama.jp/me/kohoku/kyoutuu/midokoro/mocky/

 

<綱島公園プール>

期間は7月12日(土)〜9月7日(日) 

25メートルプール 9:00〜18:00 *水浴は17:50迄
子ども用プール  9:00〜16:00 *水浴は15:50迄

http://www3.hamaspo.com/navi/search/CenterView.jsp?

id=HamCeID_2007072923525000671

 

港北区綱島台1-1  

東急東横線綱島駅から徒歩5分

 

 

☆綱島公園は、綱島の駅近くにあるのですが、どこから行っても坂を登らなくてはいけません。この日、私は自転車でしたが、こどもを前のかごに乗せて、坂道を登るのは、非常に疲れました!ちなみにここの公園は駐車場は無いので、徒歩か自転車、で行くことになります。公園は、遊具などがあり、広いです。ここのグラウンドで運動会を行う保育園もあるくらいです。

 
 <こどもログハウス モッキー 室内>

 

☆公園の奥に、丸太小屋(モッキー)があり、中はアスレチック・ジムになっています。赤ちゃんももちろん入っていいのですが、そこの遊具は、3,4歳から本当に楽しめるのではないかと思います。娘は3歳の時に来たのですが、登れるアスレチックが無く、あまり興味を示さなかったようでした。今回は、色んなものに挑戦していました。

☆また、ここには本も沢山あり、雨の日などに過ごすところとしては、こどもは喜ぶと思います。(もちろん、無料で入れます。)また、今の時期、暑くて水分補給がこまめにしなくてはいけません。室内では飲食禁止なのですが、モッキーの玄関辺りのところで飲み物を飲むのはいいそうです。トイレも、大人とこどもが一緒に入れる様になっています。

 <綱島公園プール>

[子供用プール] 小学1年生まで利用可。幼児は保護者1人につき2人入場・利用可。おとな、こどもとも1時間につき60円。入り口にある券売機でチケットを購入し、帰るときに出口でチケットを渡します。

 ※オムツの取れていない幼児は無料で入場できますが、水浴はできません。

 

[25mプール] 小学校2年生以上利用可。小学1年生以下の児童・幼児は原則利用不可。ただし、水着着用の保護者1人につき1人利用可。

☆ロッカーで着替えをすませ、プールへ。楕円形の長さ15〜20mくらいのプールと子供が水遊びできるくらいの小さなビニールプールがありました。フェンス側両サイドが長いすになっており、一方は日陰が若干あったので、そこに荷物をおいて、早速こどもたちはプールへ。子供たちだけプールに入り、水着に着替えず、長いすベンチでおしゃべりしているお母さんたちもいました。娘たちが立っても腰くらいの深さ(50ccmくらい)の浅いプールでした。プールには監視員の方が3,4名いて、誤って浮き輪からひっくりかえったお子さんのところへすぐに駆け寄るなどしていたので、安心だなと思いました。

 

☆1時間毎に休憩時間が設けられていたので、まだ遊びたいという娘をその時間を利用して、引き上げさせました(笑)。11時くらいから1時間余り利用しましたが、私たちがいた時間はそれほど混んでなく、綱島公園が丘の上にあるので、炎天下に坂道を登って来る人はそれほど多くないのかな?と思いました。

ココマップ隊の感想

○ 綱島公園は、人に聞いてみると、行ったことのあるのはお花見くらいで、意外と公園とかモッキーで遊んだ事のある人は、少ないようです。

(りおちゃんママ:4歳女児のママ)

 

○最初にモッキーで遊んで汗だくになっていたけれど、プールに入って私たち親も涼を取れた感じです。利用料金も安く、坂道を登ることさえ苦にならなければ、子供たちにとってはとてもいい場所だと思いました。おむつをしているお子さん(たぶんお姉ちゃんかお兄ちゃんについてきた)はオムツ1枚になって、日陰でお母さんに水をかけてもらったりして楽しそうに遊んでいました。

(エリーマイラブ:4歳女児のママ)

 

○ 利用する際のアドバイスなど

・更衣室に着替える場所(女性用)は3箇所あり、荷物は鍵付ロッカー(たぶんお金が戻ってきたと思います)に入れます。それほど広くないので、水着着用で行くことをお勧めします。

・水泳帽をお持ちください。

・ベンチは日陰の場所があまりないので、泳がず付き添いする場合は日よけ対策を十分にした方がいいと思います。