とっておきの遊び場、穴場、クチコミ情報など、身近な情報や意見・感想をお寄せください。
親子でお出かけ企画

08.11.01

 

 

【2008年度】 太尾町第2公園で「公園遊び」が始まりました!

 

地域の公園を子育ての場としてもっと活用できたら・・。

港北区子育てネットワーク会議で出された意見のひとつです。

   

いつもの公園が様変わり!楽しいプレイパークはいくつかありますが、

始まったばかりの「太尾町第2公園の公園遊び」の様子を

この会議にも参加している編集委員よりお届けします。

 

☆2009年より『おひさまたんけんたい』と名前がつきました☆

 「すでに区内に公園遊びはいくつかあるけれど、大倉山駅周辺、どろっぷ周辺にはまだないよね。」

 「公園遊びを立ち上げる体験事例としてやってみようか!?」ということで、

 どろっぷから歩いて10分ほどの太尾町第2公園で公園遊びが始まりました。

 

第1回目の9月11日、当日はシャボン玉、色水遊び、ダンボールなどが用意されたり、赤ちゃんのためのブルーシートコーナーも設置されるなど、いつもの公園に少しだけ新しいアイテムが加わりました。お天気にも恵まれ大勢の親子で賑わった公園内では、子どもも大人も皆ニコニコ笑顔。

ママ達からは「いつもは母子2人だけで遊ぶことが多いが、今日は大勢いて楽しかった」「普段できない遊びができるのがいい」「シートがあり次男を避難させつつ、長男と遊ぶことができた」という声もお寄せいただきました!

  

  

 

10月21日には、第2回目も行われました。

爽やかな秋晴れのもと、前回同様たくさんの親子でにぎわいました。そして、嬉しいことに親子ボランティアとして参加してくれる仲間も着々と増えています。

今回は、ビニールプールに枯葉を集めた「枯葉プール」を用意。プールの中に入ったり、枯葉をかき集めて撒き散らしたり、みんな豪快に楽しんでいました。木々の葉も色づき始めた太尾第二公園。こうして季節を感じながらの外遊びは本当に気持ちのいいものです。

      

 

ところで、この「公園遊び」作りには色々な人が関わっています。

なかでも土木事務所公園愛護会は、なくてはならない存在。これまであまり顔を合わせることがなかったけれど、皆がつながって協力すれば、公園遊びはこんなに簡単に楽しく実現する!ということを実感しました。

事前に砂場の砂を篩って犬・猫の糞を取り除いたり、当日使う掲示板を設置してくれたのは土木事務所の吉原さん、牧野さん。太尾町第2公園の愛護会会長の土田さんは、当日使うダンボール、色水用のたらい、ブルーシートなど「全部僕が持っていくから皆は何も持ってこなくていいぞ!」と何から何まで準備してくれました。

そのほかにも、区の職員の方々、主任児童委員さん、どろっぷのスタッフの方々といったいわゆる「子育て支援者」の皆さん、そして親子ボランティア、学生ボランティアも加わって皆で相談しながら公園遊びを企画・準備しています。

  

 

この公園遊びをお手伝いしてくれる親子ボランティアさんを随時募集中しています。

参加してみようかな、興味のある方は下記の連絡先までお問い合わせください。

 

問合せ先:港北区子育て支援拠点どろっぷ TEL 045(540)7420

主催:港北区ネットワーク会議 公園分科会
協力:太尾第2公園愛護会

 

次回の予定は、11月18日 10時30分より (太尾町第2公園)

どうぞお楽しみに!

 

土木事務所

道路、下水道・水路、公園に関する日々の維持管理に加え、公園の利用、道路や下水道の工事などの管理監督、またそれに伴う許認可も仕事の範囲です。市民の皆様の生活の利便のため行政サービスをしています。
公園愛護会

町内会、自治会、老人会、子ども会など地域の方々で公園ごとに結成されています。公園の清掃美化やマナー指導など公園の維持管理に、土木事務所と連携して活動しています。

 

港北子育てネットワーク会議
当事者・子育て支援者・保育園や子育て支援拠点などの関係機関など多くの方で構成されています。

現在は、『公園』と『マーク』の2つの部会があり、それぞれの立場から意見を出し合い『子育てに優しい港北区』を目指して話合いを進めています。

ココマップ隊の感想

皆さんにとって、「公園」とはどのような場所ですか?
「毎日のように通っている!」という方もいれば、「行ってみたいけれどなかなか一歩が踏み出せない」「小さいきょうだいを連れてママひとりで行くのは大変」と感じている方も多いかもしれませんね。
ココマップ編集委員としてネットワーク会議に出席させて頂いたのがご縁で、私も今回の「公園遊び」作りの仲間入りをさせて頂きました。普段知り合う機会のない方々と直接相談したり、協力したりして、公園遊びを作ることの楽しさは想像以上。「公園について分からないことがあればこの人に聞けばいいんだ!」とか「皆が気持ちよく公園を使えるために、土木事務所の方や愛護会の方はこんなにきちんと管理・手入れしてくれているのね」と新しい発見もありました。
太尾町第二公園での公園遊びはまだまだ始まったばかりですが、この取り組みをきっかけにひとりでも多くの皆さんにとって「公園」が「大好きな場所」のひとつになってくれたら嬉しいなぁ、と思っています。

yuyusan:4歳女児、2歳男児のママ

ココマップの各エリア「行ってみよう」にも、他の公園遊びの場所を掲載しています。

日吉>公園で遊ぼう 風の子、鯛ヶ崎プレイパーク

高田・新吉田>エルマーとお日さまの会

綱島>公園で遊ぼう 風の子

大倉山・菊名>きくなぴょんぴょん

岸根・妙蓮寺>公園で遊ぼうin菊名池公園

小机・新横浜>おるたん