とっておきの遊び場、穴場、クチコミ情報など、身近な情報や意見・感想をお寄せください。

2019.03.15


【2018年度特集】
子育てお役立ち小ネタ集

日々の子育ての中で、ふと「大したことではないのだけれど
こういう時に他のママはどうしているのかな?」と思うことありますよね。
そんな「ちょっとした」ギモンをココマップ編集メンバーに聞いて
お役立ち情報を集めてみました。

子どもの睡眠
トイレトレーニング
歯みがき
子どもの洋服
過去のお役立ち特集あれこれ

子どもの睡眠


夜泣きやなかなか寝てくれないなど、子どもの睡眠について悩まされるご家庭は多いはず。
どんなことに困っているのか、子どもの成長によって変化があるのか、
また工夫していることなどを編集メンバーに聞いてみました。

【 どんなことに困っていますか? 】

夜泣き
・原因がわからない
・授乳、ミルク、オムツで治まることも
・夜中突然泣き叫ぶ(落ち着くまで見守るしかない)
おっぱいがないと寝られない
就寝時間がずれる(夜遅くなり朝起きないなど)
朝起きてからの支度が遅い
睡眠中の歯ぎしり
困っていることは子どもの年齢によって成長とともに変化するようです。
そこで、年齢別に睡眠について聞いてみました。

【 睡眠習慣いろいろ 】

0歳
・昼寝1〜2時間を午前・午後1回ずつくらい。夜は3時間おきに授乳だった
・4か月くらいからは添い乳を始めた
・授乳期後半は寝る前の授乳で就寝させ、夜中の授乳はなくなった
・きょうだいによって授乳時間はバラバラで授乳で寝る子と寝ない子がいた

1〜2歳(だいたい幼稚園入園前の年齢まで)
・卒乳によって変化があった。夜泣きは1歳ごろまでに大体治まった
・朝は6時〜9時半に起床、昼寝を昼食後に1〜2時間、就寝は19時〜23時, 睡眠時間は9〜10時間程度
・疲れていたら夕食とともに寝落ちするなど日中の過ごし方で影響がある。突然夜中興奮して泣き叫ぶ時も

3〜5歳(年少〜)
・年少の頃は昼寝を1時間くらい、年中になる頃には昼寝がなくなった
・保育園・幼稚園の過ごし方によって変わる
・寝る時間、起きる時間は1〜2歳の時とあまり変わらない

6歳〜(小学校入学後)
・就寝、起床時間は5歳までと比べて前倒しになる傾向がある?(逆もあり)

睡眠は時間をかけて整う、成長の過程のようですね。眠りに導く「寝かしつけ」はどう変わるのかも聞いてみました。


【 寝かしつけ 】

0歳〜
・授乳、抱っこ、とんとん、さする
・眠たいのに自力で寝ることができずギャン泣きしてなかなか寝ないため、晴れている日中はベビーカーに乗せて近所を歩き回る、雨なら抱っこやおんぶで部屋をウロウロ、夜に車に乗せて走り回ったこともあり
・オルゴールを流す
・子守唄を歌う
・特に何かしなくても寝てくれた

1〜2歳
・絵本を読む、添い寝、とんとん
・「歌を歌って」と曲もリクエストされる
・おっぱいをくわえたまま寝る
・部屋を暗くしておはなし
・1日を振り返ってお話を聞いたり、怒った日はお互い仲直りしておやすみなさい

3〜5歳
・1〜2歳の頃はお気に入りの本をひたすら繰り返して読んでいたが、2冊ずつと決めて読んだ後は自力で寝るようになった。一緒に布団にいないと寝られなかったが、本を読んだ後は子どもたちだけで寝るように切り替えた
・絵本を読んだ後、今日の出来事を話して消灯。添い寝をする

6歳〜
・読み聞かせが済んだら寝る
・親の姿が見えていれば一人で寝られるように

「寝かしつけ」の便利アイテムとして、ママの負担を減らすためのバランスボールが役立った、という話もありました。その他、みなさんいろいろ試行錯誤をしているようです。


【 便利アイテム・本など 】

保育士さんによる人気ツイッターを参考に。「公園で走り回っても寝ない子は頭を使う遊びの方が寝る場合が多い」という書き込みを実践
「0歳からのネンネトレーニング 赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド」(清水悦子著・神山潤監修 かんき出版)を参考に
「おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本」(カール=ヨハン・エリン著 飛鳥新社)という話題の本を利用・・・などなど

【 ネントレ(ねんねトレーニング) 】
赤ちゃんのひとり寝を促すねんねトレーニング「ネントレ」


これからやってみる(朝起きてこなかったら起こす)
寝る時間はなるべく同じにした
子どもに合わなかった、大人の都合を押し付けたくなかった、無理をさせない などの理由で断念
ネントレをしない

それぞれ子どもにあったやり方を探していきたいですね。
とはいえ、家族みんなで規則正しい生活を送りたい思いは同じです。自力で起きてくれる時もあれば、幼稚園・小学校に間に合わないときは親が起こしたり、お休みの日は子どもが起こしてくれることも。目覚めてもその後スムーズにいかないなどのパターンもあるようです。
どんな工夫をされているのでしょうか?


【 寝起きの工夫 】

就寝時間がずれてしまった時でも、同じ時間に起きるようにさせ起床時間を一定にしている
起きた後しばらくテレビの前でゴロゴロさせる
遮光カーテンをやめた
(小学生)できるだけ決まった時間に起床・就寝させていて、イベントがない限りは休日も早寝させている(休日に起きるタイミングは各自)
朝すぐにカーテンをあける。冬は起床1時間前に暖房が入るようセットして、寒くて起きられないという事がないようにしている

最後に、睡眠についてのエピソードを紹介します。
1人目の時におっぱいで寝かしつけになってしまったために入眠がうまくいかなかったのかな?と思い2人目の時は気をつけていたが、同じ状況になってしまった。どうすれば0歳児の間に自力で寝られる(おっぱいとは切り離された状態で)ようになったのかな?とは今でも思う

寝付きはとても良いが、夜中に目覚めることが多い(たいてい昼間に楽しすぎると興奮してなど)。
私が隣で寝ていない時や朝方に私が起きてしまうと、いない気配を察知して目覚めたり、就寝が遅くなっても朝は6時半頃には目覚めたりと、絶対的に睡眠が足りないと思う。かといって、8時過ぎに寝付かせて10時間くらい寝ると、寝過ぎなのか朝の仕度がさらにノロノロになる気がする。
睡眠導入剤(睡眠薬ほど依存性がない)を処方してもらい試したが、最初の1週間は夜中に起きることもなかったが、その後は夜中に起きることもあったりして、特に朝起きてからぼーっとしている感じが多く、休薬した。
結局は、息子が目覚めてしまう前(2時過ぎ)までに私が寝るようにするのが解決策のよう。



編集メンバーのお子さんは0歳から中学生まで様々です。小さいときは先が見えないように感じる睡眠の悩みも、いずれ「あんなこともあったなぁ」と振り返る時が来るようですよ。

トイレトレーニング

いつごろから始めるのか、お出かけや寝るときはどうするのかなど悩むところの多いトイレトレーニング。
メンバーの体験談を聞いてみました。


【 きっかけは? 】

夏だから
・夏場なら失敗しても薄着なので洗濯してもすぐに乾くし、汗をかくのでトイレへ行く回数も少なくて済む

幼稚園に入るタイミングで
・先生と相談しながら始めた
・1歳ごろから始めてみたが、 結局2歳7か月でできるるようになったので、下の子では2歳半からゆるく始めた
夏に始めたというメンバーが多数でした。他の季節よりもママの負担が減るようです。

【 どんなふうにしましたか? 】

大体のタイミングや時間を決めて、声をかけてトイレへ行くきっかけを作った
連日外出の予定がない時、パンツを履かせ、垂れ流し状態の不快感を体験させ、親が掃除しているところを見せた。また一緒に掃除をした(常に声かけ、怒らない、洗濯倍増などを覚悟!親の根気が必要!)
お気に入りのキャラクターのパンツや、音や声が出るおまるを用意し、やる気アップ!
排泄時を教えてくれたので、やり方などを教えた
まず親がトイレのやり方を見せ(男の子の立ちションはパパなど)、おまるをトイレ近辺に置き実践、タイミングがわかるようになったら実際にトイレ・補助便座などに座らせた
きょうだいのトイレについて行かせて、見せながら一緒にさせてみた
朝起きたらトイレに座らせる習慣をつけた。トイレに関する絵本を読んだ
1週間予定を入れず、夜寝るとき以外すっぽんぽんで過ごした

「トイレが出来た!」と思ったら、次は失敗したり...。子どもの気持ちや気分もありますよね。ママもお漏らしされたら洗濯や掃除がたいへん!
不安定な時は外出するにもトイレのことばかり考えてしまったり、 「また最初からか・・・」なんて、子どもも親も疲れてしまうことも。



【 どうやってトレーニングを継続した? 】

ご褒美制にした
・できたらシールをつける、好きなおもちゃ、お菓子を与える、○○に遊びに行くなど

根を詰めないようにした
・失敗したりオムツ戻りしても、子も親も休み休み何度か挑戦し続ける

個人差があるので焦らないようにした

昼はパンツで、夜だけオムツを履かせる

昼間も夜も一気にオムツをやめパンツにした


「自分も小さい時はきっとこうだったんだろうと思い、時期がくれば上手にできるはずとなるべく焦らないようにした。」との言葉もありました。
お互い無理なくトイレトレーニングができたらいいですね。


最後に、先輩ママよりトイレトレーニング時のエピソードを聞いてみました。

2歳半の夏に子どもが自分から「トイレでおしっこする!」と言ったときは、親の方がホントに大丈夫かなぁと不安だったので、紙オムツをはかせていた。それでもトイレに行くようになり、夜中も紙オムツが濡れなかったが、やっぱり心配でパンツに移行しないでいた。そうしたら、1か月で「トイレ行かない」と言われてしまい、結局、幼稚園入園後の6月末までオムツ。でも、周りの園児の影響か、本人が「トイレでおしっこする」と言ったので、一気にオムツを外した。
寝る前に必ずトイレに行っても濡れてしまう日が続くことがあっても、絶対怒らずに「気にしないでいいからね。」と母もがんばりました(笑)
もうすぐ5歳の今は夜中に一人で起きてトイレに行っている(でも暗くて怖いから手伝ってと呼ばれますが・・・)。

●上の子(女の子)は1対1でお世話できたので、自分のトイレの時は一緒に連れて行き、隣にオマルも置き座らせるから始まり、トレーニングパンツから大好きなキャラクターのパンツを履かせ、失敗したら何日かオムツで休み、また再開の繰り返し。
最後は、トイレでできたらご褒美シール(ウンチができたら豪華なシール)を貼る楽しみの中じっくりトレーニングができた。
幼稚園入園1週間前に取れたが、最初は園で先生に言えず失敗もあった。

●下の子(男の子)の時は余裕がなく短期集中で、夏休みにトイレトレーニングを決行。
やると決めたらオムツを脱がし、好きなトーマスのパンツを見せて履かせ、自分で意思表示をするまでトイレにも連れて行かず、お漏らししたら「トイレの時は言ってね」と声をかけ、掃除しシャワーに連れて行くことの繰り返し。
3日続き根負けし、少し休もうかと思いかけた頃、意思表示をするようになった。
その後、トイレのやり方を教えるとすぐ取れた。おねしょもなし。ずっと姉のトイレには一緒に連れて行っていたので(行かざるをえないので)要領はわかっていたのかも?
脱ぐときに間に合わず漏れたのは私の中ではOKとし、トイレに行けた時は今でも褒めまくってる。
幼稚園に行ってからは、個室トイレの数の制限があり、個室トイレは女の子優先なので、先生に教えてもらい一人で立ってできるようになった。

最初はスムーズにできたが、途中オムツがいいと言い出し、パンツを履かなくなり困った。パンツを履いたらご褒美制にした。
トイレに行きたいときは、いつもギリギリなので、トイレの前で漏らしてしまうときも。
外出時はすぐトイレが行ける場所を選び、仕方ない時はオムツにしていた。

3歳になったらトイレでするよう話しをし、トレパンやおまるを利用してトレーニングを開始したが、本人は失敗を恐れてなかなか進まず、親がかなり焦った。
トレーニング開始後数か月たち、夏に初めておまるでおしっこができたのをきっかけに、1か月程度でおむつが外れた。
周囲の同年代の子どもたちがどんどんおむつを外しているのを見て、親はとても焦り、不安な気持ちになった。

2歳半ごろからゆるくトレーニングを開始した。
排泄に関して何も言わないので、トレパンを履かせてみたら、おしっこやウンチが出た感覚がわかったらしく、オムツでも時々、事後報告はできるようになった。
便座に座ることを拒否していたので、服を脱がずに一緒に座ったら(バイクの2人乗りみたいな感じ)、座れるようになった。
しかし、座るだけで排泄ができないので、苦戦中。

トイトレを始めたのは2歳4か月くらい。起きたときとお風呂の前と決めて連れて行っていた。座って出るようになってから、連れて行くタイミングを増やした。しかし、上手くいって少し慣れてきた時に、トイレで遊び始めて怒ったのをきっかけに本人がやる気をなくし中断。
何度も中断しながら、幼稚園がオムツ登園できるので諦めた秋に、反抗からオムツをはかなかったため、スッポンポンで過ごさせたら1週間で完了。ウンチも同時にできるようになった。ウンチはトイトレを始めてから、したそうにしている時に抱っこしてトイレに連れて行っていた。別の部屋に行ってする癖があったので、気づいたときは嫌がっても「ウンチはここで」というのを覚えさせていた。
結局は上記のスッポンポンをやるまで教えてくれることはなかった。夜は3歳半になった今、ようやく朝まで濡れない日が続くようになったが、もしもが怖くてまだオムツで寝かせている。

1歳半ごろからトレーニング開始。
おしっこは朝起きてすぐにトイレに連れて行くと出るが、自分でなかなか言えなかった。ウンチは踏ん張る力が必要だったので通常とは逆向きに座らせて、便座の蓋を足で蹴るようにすると出せるようになった。連れて行けば、出るが自分では言えないという状況が長かったが、2歳7か月のときに親戚の同月齢の子がトイレでおしっこをしているのを見て「明日からやる!」と言って、次の日から自分で言えるようになり、その日からパンツで過ごせるようになった。

おしっこがトイレでできるようになっても、ウンチはわざわざ紙おむつに履き替えてしていた。外出先でウンチをすることはなかったが、幼稚園で我慢できずトイレでできるようになった。
歯みがき

毎日欠かせない歯みがきはどうしているのか、小さい頃から習慣化しておきたいですね
。歯医者や区の健診や、歯医者に行くきっかけ、親の仕上げ磨き、フッ素を普段から使っているか気になるところです。
年齢で違いがありますが、こんな回答が出ました。

【 歯医者にいつから通っている? 頻度 は? 】

半年1度、クリーニング・健診に行く
3か月に1度、クリーニング・健診に行く
歯医者には行っていない
1歳半健診の虫歯菌チェックで引っかかり、区役所の定期歯科健診に通っている
10か月くらいから1歳までは市の乳幼児医療費助成制度を利用し、2回ほど歯医者に健診で通い、区の「歯つらつ1歳歯みがき教室」を利用。その後3歳までは「乳幼児歯科相談」で3か月に1度ほど診てもらった


歯医者の他に、区の健診に行っているお子さんもいて、1歳くらいから健診を受けている様子がみられます。
区の健診終了後、歯医者で定期的に診てもらうことが多いようです。
保育所や幼稚園でも歯科健診が行われます。

【 歯医者に行く(行っていない)理由は?  】

上の子は歯科健診でひっかかったことがなく歯医者に行っていなかったが、下の子が歯科健診でひっかかってしまい、2人とも定期的に歯医者へ行くきっかけになった
定期的に行くおかげで歯も安心だし、歯医者にも慣れ、どちらも1人で椅子に座って診てもらえるようになった
そして、口の中の怪我も歯医者で治療すると知って、いざという時も慣れている歯医者さんがいると安心
2歳半までは歯みがきが嫌いで、逃げる、口を開けない、歯ブラシを噛むなど、まともに歯みがきができなかったが、 上の子と一緒に歯科健診に行ったのをきっかけに歯みがきができるようになった
ママの通う歯医者が、子供はなにも症状がなければ3歳からの受診を勧めているとのことなので、 入園前に受診しようと考えている
園医から「虫歯の治療で初めて歯医者に行くと子どもは歯医者嫌いになるので、早いうちからクリーニング目的でかかりつけ医を見つけた方が、後々治療を受けることになった場合、子どもが怖がらず通いやすい」と聞いたので、 そろそろかかりつけの歯医者を探さなくてはと思っているところ

いつから行かなければいけないということは決まっていないので、区の歯科健診が終了して、特に問題や怪我などがなければ、疎遠になりがちな歯医者だが、クリーニング・健診を定期的に行っていれば、いざという時の治療でもお子さんも怖がることなく、予防や早期治療にもつながるかもしれませんね。


【 フッ素は使っている? 】

夜は、本人が磨いた後に必ず親がフッ素入り歯磨き粉で仕上げ磨きをしている
フッ素入り歯磨き粉で、朝晩2回仕上げ磨きをしている
フッ素入り歯磨き粉を使うか迷っている。今はしていない 
フッ素入り歯磨き粉は本人次第でつけたりつけなかったり 
年中までは、フッ素なし歯磨き粉を使用し、その後友だちがフッ素入り歯磨き粉を使っているのを見て使用
半年に1度、歯医者でフッ素をしてもらっていたが、お菓子を食べることが増えたら前歯に虫歯ができた
フッ素はかかりつけ医から必要ないと言われ特にしていない。(”フッ素を塗るよりもちゃんと磨く方が大切!”という方針)


【 仕上げ磨きしている? いつしている? 】

朝と夜に、本人に先に磨かせて、親がしている(昼は幼稚園で本人のみ)
朝は時間があるときだけ、夜は必ずしている
夜だけ本人任せ
朝・昼は本人任せ(今は歯並びが良く虫歯はないので)


毎日のことで、どこまで磨けばいいのかわかりにくい歯磨きは、面倒臭がるお子さんも多いですよね。
私自身は歯磨き中に遊び出す子どもに「ちゃんと磨きなさい!」と、つい叱ってしまいますが、
曖昧な言葉だなと感じます。
親が仕上げ磨きをするからと、本人任せの部分をきちんと教えてなかったと反省。
最近、嫌がっていたフッ素入り歯磨き粉を付けるようにしたところ、
「歯がピカピカになったね!」と言ったら、その後必ず付けるようになりました。
曖昧にせずこれからはわかりやすく教えようと思います。

子どもの洋服



子ども服や靴ってあっという間にサイズアウトしたり、穴が開いたり。
みんなどうしているのでしょう?
購入先やおさがりについて、使用頻度が比較的低いものなどの処分方法やママたちの工夫などを聞いてみました。

【 どんなところで購入していますか 】

港北区地域子育て支援拠点どろっぷのChangeし隊(※)
大手チェーン店やスーパー、その他子ども服メーカー
リサイクルショップ(男の子のママに多い)
ネット通販
お下がり
フリマ
ネットオークション

(※)詳しくはこちら>>
お下がり(知り合い、どろっぷのChangeし隊など)、プレゼント以外をセールやアウトレットで購入している、子どもに好みが出てきたから一緒に買いに行く、という声もありました。


【 購入時の工夫・こだわりは? 】

シーズン終わりのセール時に次のサイズの服を買っておき、サイズが合う時まで保管
ジーパンなど汚れたり穴が開きやすいものはリサイクルショップやフリマを利用
最近は親が買うものを気に入らないこともあるので、リサイクルショップに連れて行き、自分で選ばせる
国産のメーカーのしっかりしたものは洗濯してもすごく持ちがいいので、コスパはいい
下着は綿100%にしている。肌触り、体温調整できる素材を選んでいる
長く着られるようにと大きめのものを買っても、サイズが合う頃にはボロボロになっていることが多かったため、最近はジャストサイズのものを少数購入し1〜2シーズンで着倒すようになった
年長くらいまでは、お下がりやオークションをできるだけ活用し、年長以降は本人の好みも考慮するように
必要なものを都度買い足す。必要最低限だけを購入し着まわしている
園用とお出かけ用で服を分けている


【 一時的に使用するもの、どうしてる? 】

< ママコートなど >

マタニティ用は高いので、よく利用する店で大きめのものを購入し出産後も使用
夫のものを使用
スポーツブランドのレインコートを親子で2着買って向かい合わせにし、ジッパーを互い違いにかませ、大きいレインコート代わりにしている(同メーカーならできるらしい)
大きめのコートをお手頃なお店で購入。抱っこひもで擦れて傷むので安いものを選ぶ
ママコートは買わず、抱っこでもベビーカーでも使えるカバー(ケープ)を使用

< 子供のレインコートや長靴など >
2歳くらいに大きめのものを購入し、それからずっと使っている
(子の)祖母が、こちらが言わなくても買って送ってくれる。子どものツボを心得たチョイス(プリンセスなど)をしてくれるので、子も嫌がらずに着てくれる
サイズアウトする回数をなるべく少なくするため、できるだけ子が大きくなってから買っている
お下がり、リサイクル(園のものなど)
兄弟姉妹のお下がり。劣化が激しいものだけ買い替え
七五三は手持ちのズボンに合うジャケットをリサイクルショップで購入し、クリーニング後に同じショップに売った。来年の入学式のスーツセットもリサイクルショップで用意した
園の制服や体操服は卒園児のものを先生が預かり、希望者に予備として譲ってもらうことができる


【 困っていることは? 】

朝、スイッチが入るまで時間がかかり進まない。支度用の表をマグネットで作り、できたら裏返して全部裏返したら好きな絵が完成、というのも一時は効果があったが、じきに効かなくなった
“支度時間の表(時計が○○になったら…する)”を作ろうと思っている(効かない、の声もあり)
気に入っている服しか着ようとしなかったので、その時期はお店で本人に服を選ばせていた(服のチョイス)
プリキュアなどの(着られる期間が短い)キャラクターの服が欲しいと言われる。 対応→「お金ないから」と一刀両断する
そのままの服で砂場等で遊ぶので、家に帰ってきた後など1日に何回も着替えが必要。また、公園で服が汚れたときに抱っこを要求されて親の服が汚れるのが嫌…
サイズアウトした服がたまっていき、処分をどうしようか困っている
食事用のエプロンを嫌がり服を汚すため、サイズアウトしかけたり古くなった服を食事用として着せている
天気や気温に合った服ではない時に、他の服を着せるために説得するのがわりと大変(小学生)
2歳から4歳くらいまで3ヶ月毎に0.5サイズアップしていたので、普段の洗い替えとサッカー専用で計3足を常に用意するのが大変だった。足が幅広・甲高で大きかったが、その頃のサイズだと3Eがなくて、1.5cmくらい大きいものでカバーしたり、安売りの頃を狙って次サイズを確保したりしていた
次女が2歳半あたりから可愛い服が好きで、長女のボーイッシュなお下がりを着てくれず、同性のきょうだいでもお下がりができない場合があるのだと知った(リボンをつけるだけでOKの場合もある)
これを着たい!というときは、よほどおかしいことにならない限り本人に任せている
長女は服にこだわりがなかった(というか、誘導しすぎた)ので、小1になっても自分で洋服を決めきれない事がよくあり、小さい頃に本人の好みに付き合うのも大事だなと思っている
男の子の服が少ないので選ぶのに困る


【 ズボンに空いた穴...どうしてる? 】

100円均一のアップリケを貼っていた
昔はズボンの裏側から100均などで売っているアイロンの当て布で穴を塞いでいた。…が、やっても穴の周りからまた穴が開いてしまう(穴が開く前に先に当て布をしておくと長持ちする)
おしりの方に穴が空いてしまうが、空いてしまったら心置きなく捨てている(服はきれいな状態で着せたいので)
安いものを購入し穴が開いたら処分していた
布を貼ったり縫ったりしていたこともあったが、またすぐに穴があくので、まあまあ破けるまで履いてもらい、古布としてごみの日に出したり、ガスレンジを拭いてから捨てるなどしている
まだ小さい頃は穴も小さく少し大きめのワッペンを表から縫い付けていたが、遊びが激しくなった頃からは縫うのが面倒で裏からアイロンタイプの当て布を使った


【 子ども服の処分方法 】

知り合いにあげる(親戚・友人など)
買い取ってくれるお店に売る
寄付する
下の子のために保管中

【 冠婚葬祭時の子どもの洋服 】

1回しか着なかったり、急に必要となることがある子どものフォーマルウエアについて、調達方法を聞きました。

ファストファッションの子供服できちんと感のあるワンピースを購入(割といいものがある)
ネクタイ付きの普段着を使う
当日に安いグレーのポロシャツと黒のズボンで後に普段着として着られるものを購入
手持ちの紺黒系の服で代用
普段から着ているポロシャツや白ブラウス、紺色のズボンで対応
安くてなるべく普段でも着られそうなものを購入し、誕生日などにも着せる(結婚式)
レンタルドレスを利用(結婚式)
中古服販売店で黒系のワンピースを探して購入(お葬式)
普段着または黒っぽい私服やあるもので済ませる(お葬式)
靴は子ども用品専門店のフォーマル靴を購入。すぐサイズが合わなくなるのでもったいないが、レンタルではちょうど良いものが見つからなかった

過去のお役立ち特集あれこれ

他にも『もっと早くに知っていたらよかったなぁ…』と思ったことがいろいろありました。
で、も、、、! そんなアレコレについても、過去のココマップでいろいろ特集しています!


【2017年度特集】子育てお役立ち小ネタ集

近所で開催しているサークルが知りたい!
【2016年度更新特集】 社会とのつながり方“赤ちゃん会卒会後どうしてましたか?”

子育て相談しているところが知りたい!
【2017年度特集】 きょうだい育児の悩み〜友だち、居場所作り〜“困り事、悩みがあった場合の相談相手・相談先” 

生活習慣(寝かしつけなど)を皆どうしてるか知りたい!
【2017年度特集】子どもに生活習慣を身につけるためにみんなどうしてる?

    
公園遊び(や出かける先)を知りたい!
【2017年度特集】 きょうだい育児の悩み〜友だち、居場所作り〜“子どもを2人以上連れて遊びに行っているところは?”

    
子どもの習い事事情を知りたい!
2015年度 みんな気になる 習い事・園選び“習い事ってみんなどうしてる?”

  

ココマップの相談窓口一覧や、紙版ココマップもぜひ参考にしてみてくださいね♪

この他にもいろいろな特集記事がありますので、チェックしてみるといいかもしれませんね。
あなたのちょっと気になっていることもあるかも・・・?!