とっておきの遊び場、穴場、クチコミ情報など、身近な情報や意見・感想をお寄せください。

2017.08.01


【2017年度特集】
ベビーカー、子ども乗せ自転車について

子どもを連れてのお出かけ、みんなはどんな風にベビーカーや自転車を使っているの?
いつから乗せていた?便利グッズや気をつけることなど、
ココマップ編集メンバーの経験談をまとめました。

◆ベビーカー編◆

◆子ども乗せ自転車編◆

ベビーカー編

 今、使っているベビーカーは子どもが何歳位の時に買ったものですか?また、種類は?


・1台目は主人の会社の方よりA型を譲ってもらった。2台目は弟の家で1年しか
使っていなかったものを譲ってもらった。
・上の子が生後7か月頃にB型を中古で購入。
・1台目はレンタルのB型で返却済み。現在B型ベビーカー2台目。


 生後1か月〜4か月の時にAB型を購入した編集メンバーが多く、生まれる前に買った人はいませんでした。
 赤ちゃんが生まれるとなると「まずはベビーカー!」と思いますよね。
 どんなベビーカーが良いのかいろいろ調べてみてから、買う時には実際に子どもを乗せてみたりする方が
 いいのかもしれませんね。


 ちなみに・・・A型、B型といっても私個人も違いが良くわからなかったので、調べてみました。

 製品安全協会の基準より抜粋
  A型・・・新生児または首がすわった乳児期から使用でき、最長で48か月までの間で使用期間を定めたベビーカー
  B型・・・おすわりができる時期から最長で48か月までの間で使用できる期間を定めたベビーカー

 いずれもSGマークを定めている一般財団法人製品安全協会の基準です。
 そのため海外製品にはあてはまらないため、A型相当という表示になるようです。
 AB型とは、A型の良い所とB型の良い所を合わせた商品のことですが、
 現在、SGマークではAB型とい う基準はなく、以前AB型とは呼ばれた商品はA型となっているようです。

 ※SGマークとは?
 Safe Goodsの略。消費生活用製品の安全性を認証する任意の制度。
 対象となる消費生活用製品は、乳幼児用製品、福祉用具、家具、家庭用品、厨房用品、スポーツ用品、
 レジャー用品など100品目を超える。
 対象製品ごとに基準(SG基準)が定められており、基準に適合していると認証された製品に対してはSGマークが
 表示されている。
 (ウィキペディアより抜粋)


2人以上のお子さんがいる場合のベビーカーの乗せ方は?


・買い物に行くときは、上の子をベビーカーに乗せて、下の子を抱っこ。普段遊びに行くときは歩かせていたので、
使っていない。
・ママひとりの場合は、下の子を抱っこひもで抱っこし、ベビーカーは使わない。大人2人以上で外出の場合は、
下の子がベビーカーで上の子は歩かせて、上の子が眠くなったなら、下の子を抱っこひもに移して、上の子を
ベビーカーに乗せる。


 2人以上の子どもがいる場合の外出って、ママひとりではたいへんですよね。
 きょうだいの年齢差にもよりますが、上の子をベビーカーに乗せて、下の子は抱っこひもという編集メンバーが
 多いようです。



 ベビーカーを使わなくなった時期とその後の移動方法は?


・3歳すぎて、完全に使わなくなった。下の子が1歳になったので、今度は下の子が使っている。
・自転車を購入してから、ベビーカーを使う機会が減ったが、3歳になった現在も眠りそうになったら使っている。
・1歳3か月くらいで自転車を買ってから、ベビーカーは使っていない。電車やバ スに乗るときは抱っこひものみで、
荷物はリュックや肩掛けのバックを使用している。また、しっかり歩けないときは、カートやベビーカーのレンタルがある
ショッピングモールに主に行っていた。
・2歳すぎの頃にベビーカーを拒否することが時々あり、近所の買い物などは三輪車(取っ手があり、親が押せるタイプ)に
乗せていた。


 ベビーカーを使わなくなる時期は早くて、1歳半くらいから3歳にかけてという編集メンバーが多かったです。
 でも、ベビーカーを卒業しても、子どもがしっかり歩いてくれないとたいへんですよね。
 ベビーカーの次の移動手段として、子ども乗せ自転車を買ってからベビーカー卒業という意見も多いようです。 



 便利なベビーカーだけど、子どもが乗っていない時は重い荷物となることも・・・

 そんな時、外出先でベビーカーを借りられると便利ですよね。
 大きなショッピングモールではベビーカーを無料レンタルできる場所もあるので、利用してみるのもおすすめです♪
 (数に限りがあるので注意は必要です。)
 また、駅前などでベビーカーを借りて、ベビーカーに乗って親子で自由に散策して自由な場所で返却できる取り組み
 「つながるハマベビープロジェクト」が進行中です。
 チェックしてみてくださいね!



ベビーカーでの暑さ・寒さ対策は? 
 

暑さ対策
・風通しを良くするため、頭上の部分をまくりあげる。
・保冷剤を入れられるシートを購入し、使用していた。
・あまりに暑いときはベビーカーだと地面からの熱で子どもが暑いので、抱っこひもを使っていた。
・ほろが大きいなど、ベビーカー自体に暑さ対策がされたものを購入した。
・頭の部分だけ、保冷剤を入れられるシートを付けて、UVカット加工された薄手のブランケットをかけていた。

寒さ対策
・ブランケットを足で蹴とばすようになってからはフットマフ(※)を購入。
・ブランケットを100円ショップで購入したクリップでとめて使用していた。

 ベビーカーは地面に近いため、大人の体感より暑くなると聞いたことがあります。
 子どもが小さくて、「暑い」と表現できない時は、抱っこした方が安心かもしれませんね。
 冬の寒さ対策としては、フットマフを使用する方が多いようです。



※フットマフ
ベビーカーやチャイルドシートに取り付けられる
赤ちゃんをすっぽり覆うタイプの防寒グッズ



ベビーカーの便利グッズは? 
 
 
・荷物掛け、ブランケットばさみ、大きめのカラビナ(荷物を止められる金属リング)
・保冷剤を入れられるシート
・カップホルダー
・上の子が乗られるステップ
・ベビーカーに取り付けられるおもちゃ


 ベビーカーでのエピソードや購入検討している方へのアドバイス


・三輪のベビーカーを使用中。車体は重めだが、小回りが利いて運転しやすい。タイヤが自転車同様の空気が入る
タイプなので、段差もスムーズ。振動も少なめなので子どもも気にいっている。
・軽量なものが欲しくて購入したが、車輪が小さいため道の凸凹にひっかかり、押しづらいので頻繁にお出かけするような方は車輪が大きいタイプの方が良いかも・・・。
 
 
・産まれてすぐは抱っこが多く、用意するのは産後でも十分。
・マタニティイベントや売り場などで使い心地を確認してから購入した方が良い。
・使い終わった後はしまうスペースを確保が難しいので、気にならない人はレンタルでも良いと思う。


・電車ででかける時は便利だが、駅やショッピングモールでエレベーターを探すのがたいへん。
・休憩するときやご飯を食べるときにはあった方が便利。
・電車を降りるときは自分が先になり、後ろ向きをおすすめ。タイヤが突っかからずにスム−ズに降りられる。
また、ホームにいる人に「すいません」と声がかけやすい。


・子どもを乗せるより、押し手の部分に荷物を引っかけることが多かったので、荷物の重さで後ろに倒れてしまうことが
よくあった。
・子どもが1歳半位のときはベビーカーに乗ることを嫌がり、子どもを歩かせて、ベビーカーで追いかけることばかり
していた。


 ベビーカーを使用したママでないとわからない意見をたくさん聞くことができました!
 ベビーカーは便利ですが、使用する期間も短いし、高価なものですよね。
 使うママの使用頻度や使用方法によってどのベビーカーが良いのかは変わってくると思います。
 これから買う方の参考になればうれしいです★  


       
子ども乗せ自転車編

 自転車デビューの時期・きっかけ・電動アシストタイプか普通の自転車か?


自転車デビューは1歳3か月〜2歳前後が多く、買うきっかけとしては幼稚園に
通い始めたり、2人目ができたという理由が多かった。
また、自転車を持っている編集メンバーは普通の自転車より電動アシスト自転車の方が
多かった。

 自転車はどこで購入した?選んだ理由は?


自転車屋さんで購入。
・現品限りの商品で気に入った物があったため。
・近所のママから評判の良い自転車さんを聞いたので。
・既存の自転車無料引き取りとヘルメットのプレゼントがあったので。
・選んだ自転車が一番安かったため。
インターネットで購入
・店舗で直接見てから、同じ店舗のオンラインショップで購入。(店舗より価格が安かったため)
・低価格で購入でき、購入特典(ヘルメット付)があったため。


 買う前にいろいろな自転車を試乗できたり、お店の人から商品の特徴など詳しい説明を聞けるという点から
 店舗で買う というケースが多いようです。
 買う時に付属品の特典があることや買った後の修理・点検などに便利なお店を探せるといいですね。



 自宅から自転車で最大どのくらい遠くまで行ったことがある?


日吉地区 ⇒ イケア港北
日吉地区 ⇒ センター北
綱島東地区 ⇒ イオン新吉田店
綱島東地区 ⇒ 武蔵小杉・新横浜公園・岸根公園
新吉田地区 ⇒ 岸根公園・センター南
北新横浜地区 ⇒ センター南
※すべて電動アシスト自転車


 電動アシスト自転車だと、子どもを連れて遠くまでおでかけができて、便利ですよね。
 最長で自宅から6キロほどの場所までお出かけしたという編集メンバーもいました。
 遠い場所へのお出かけは 慣れない道を通ることもありますので、事故などに合わないように注意してくださいね!



 お子さんが2人以上になった時の乗せ方は?


・子どもは3学年差で、上の子どもを前の席に座らせていたため、2人目を出産前に後部に子ども用座席を取り付けた。
・購入した自転車が1人乗せのため、2人目をどうやって乗せるか、ただいま検討中!
・2歳8か月差で2人とも女の子(小柄)だったので、上の子どもが幼稚園に通う期間は2人を乗せることができると判断したので、2人乗せの自転車を購入して乗っている。


●「子ども2人以上乗せて、自転車に乗りたい・・・」でも、年の近い子どもや双子の場合に自転車の前後に乗せるなんてできない・・・● こんなお悩みの方って意外と多いのではないでしょうか?
双子を乗せても安定して走れる三輪自転車を企画・開発中だそうです。
ご自身も双子の男の子のお母さんが企画した製品なので、同じような境遇のお母さんの気持ちに寄り添った商品 に
なっていると思います。
ふたごじてんしゃを参考にしてみてください。
 


自転車での暑さ・寒さ対策、またおすすめの便利グッズは?
 

暑さ対策・・・特にしていていない

寒さ対策
・子どもに膝掛けをかけ、親はアームウォーマーをしている。
・フリースの毛布をかぶせる。
・雨よけカバーを1年中つけている。/風よけのために雨よけカバーを使用。
・ブランケットをかけたり、手袋をさせる。
多くの人が利用している自転車のチャイルドシート部分の雨よけカバー

おすすめ便利グッズ
・大きめの買い物かごを付けている方に、ファスナーで高さの伸縮が可能な雨よけ買い物カバーがおすすめ。
ファスナーを伸ばすと、かごにオムツを購入した際、縦に入れても閉まる。



 子どもと自転車に乗っている時のエピソードとこれからデビューする方へのアドバイス


・子どもが寝落ちしてしまった時の首の固定がうまくできないものかと思う。ベビーカーやチャイルドシートのような固定が
できず、いつも苦しそう。
※寝落ちしてしまう時のために雨よけカバーをつけているという編集メンバーもいました。
・子どもを後ろに乗せて坂道を登るのは思ったよりたいへんで、脚力が必要。チャイルドシートのカバーが風でよく飛んで
いってしまうのが悩み。
・子どもの体重が重くなると、手押ししているときや少し停車位置をずらそうとするだけで、前車輪が上がってしまい、転倒しそうになることがある。
(電動アシスト自転車の場合、車体が30sにもなるので)
 
 
・子どもが後ろに乗っていると何をしているのか見えず、勝手にシートベルトを外したり、後ろや左右を見ようと体を乗り出しバランスが崩れそうになる。車の通っている道を走っている時は特に危ない。
・雨上がりの日に坂道でタイヤが横滑りし、転倒してしまった。子どもにはケガはなく、自分は擦り傷と打ち身だけですんだが、ヘルメットの重要さを実感した。ヘルメットはゆるみがないよ うにしっかり被せた方がいい。


・前の席に座らせていた時はいろいろな景色が見えたようで、車種名などを話して楽しんでいた。 幼稚園への通園時にはいつも消防署前を通るため、子どもは喜んでいる。
・自転車を買うと行動範囲が広がり、生活しやすくなる。電動アシスト自転車は高額なので買う時に悩むが、 坂道などを
気にせずにどこでも行けるため、おすすめ。


・車やバスから手や顔を出さないなど日頃からルールを教え、自転車乗車時にも同じように徹底した方が良い。
・親の運転方法を子どもがそのまま学ぶのだと考え、交通ルールや子どもへのヘルメット・
シートベルト装着は守るようにしましょう。


 子ども乗せ自転車は子どもと一緒に好きな場所へ気軽に行けるので、とても便利な乗り物です。
 でも、気を付けていただきたいのは「交通ルール」。
 子ども乗せ自転車は通常の自転車と比べると車幅が広く、 細い道や車の往来が激しい道では特に注意が必要
 です。
 また、逆送での衝突は悲惨な事故となってしまう確率が高いので、絶対にやめましょう。
 (自転車は車と同様左側通行です。)
 これから買うことを検討している方は電動アシスト自転車にするのか普通自転車にするのか迷いますよね。
 それぞれのライフスタイルにあった自転車を見つける参考になるとうれしいです★

 ※自転車の交通ルールや安全対策について、以下のサイトをご紹介します♪
http://www.npa.go.jp/koutsuu/kikaku/bicycle/index.htm