とっておきの遊び場、穴場、クチコミ情報など、身近な情報や意見・感想をお寄せください。

2013.07.18


【2013年度】 園庭開放 〜そのほか年齢別の過ごし方〜

保育園では園庭開放や交流会、育児講座、絵本の貸し出しなど、
いろいろな行事を行っているのをご存じですか?
ほかにも、子どもの年齢に合わせて、いろんな過ごし方があります。
行けるときに行けるところへ! 無理せず出かけてみませんか?

園庭開放 →園庭開放の体験レポート、各園情報へのリンク。
年齢別・子どもとの過ごし方 →ココマップメンバー体験談より。
そのほか行ってみよう! →子育てサロン・公園遊びなど。

園庭開放

実際に園庭開放へ行ってみたココマップメンバーの体験レポートです。
 
2歳の娘と一緒に横浜市立南日吉保育園の園庭開放に行ってきました。
こちらの園庭開放は、毎週月曜日の10時30分〜12時30分に行われています。

■まずは、受付!
受付を済ませると名札を作ってもらえます。
(一度登録すると、次回から名前を言えば名札は用意されています)

←こんなふうに背中に名札を付けてもらえます。
■実際、どんなことをしているのかな?
園庭開放の日は、育児相談も行っています。
また、この日は、先週雨天で順延になっていた
保育士さんによる“チョコッと遊び”や
身長・体重の計測も行っていました。
最初は、10組ほどの親子でしたが11時を過ぎた頃からだんだん人数が増え始め、
最終的には30組ほどになりました。

保育士さんの“チョコッと遊び”
木陰で保育士さんの手遊びが始まると、
子ども達は腰かけて釘づけになっていました。
この後、絵本も読んでくれましたヨ。



お砂場では・・・
お砂場は、木陰になっているので快適です。
スコップやバケツ、トラックなど沢山のお砂場セットでみんな夢中になって遊んでいます。
園庭には、鉄棒や滑り台、ジャングルジムもありますよ〜。

大きくなったかな??
計測したらカードに記入し、年度末に一年間の成長の記録が分かるよう配布してくれます。



■園庭開放へ行ってみて・・・
<Sさんの感想>

人見知りがピークを迎えた娘は、最初は園の門をくぐるのも嫌がっていましたが、
たっぷり2時間遊び、とても満足した様子でした。
遊び疲れたのでしょう。帰りはベビーカーに自分から乗ってウトウトし始めてました。
普段、自分の都合や上の子の都合で公園に連れて行く日が少ないのですが、
園庭のお砂場で、ほかのお友だちと楽しく遊ぶ姿を見ながら、居合わせたお母さん方と
色々お話しもでき、親子ともにとても楽しい時間を過ごすことができました。
また、ほかには“泥んこ交流”や、予約が必要な“リズム交流”も行っているそうです。
皆さんも一度ご近所の保育園へ足を運んでみてはいかがでしょうか。
<Nさんの感想>
普段、上の子どもの都合や、私の都合で動くことが多く、なかなか公園や、同じ年の
お友だちと触れ合う場所に行く機会が少ない娘は、とっても楽しく遊べたようです。
最初の保育士さんのチョコッと遊びは、興味津々で食い入るように見ていました。
その後の自由遊びでは、主にお砂場で思い切り遊びました。
お砂場は広くて、木陰になっているので快適に遊べました。お砂場遊び用の道具は、
たくさん用意されており、お友だちと取り合いになるようなこともなく、とても良かったです。
最後に、身長と体重を測ってもらいました。なかなか、家では身体測定しないので、助かりました。
とてもよい環境で遊ぶことができ、私も、他のお母さんたちと交流できて、親子ともども楽しめました。
また近くの保育園の園庭開放に行ってみたいと思います。

各園ごとの情報は、下記リンク先をご参照ください。
スケジュールの日時・開催場所・内容など変更・中止になっている場合もございます。
事前に必ず開催園にご確認くださいますようお願いします。

★日吉

南日吉保育園  箕輪保育園  日吉こども園  横浜りとるぱんぷきんず  くっくおさんぽ保育園
ベネッセチャイルドケアセンター日吉  日吉みんなの保育園

★高田・新吉田

高田保育園  日吉西夢保育園  森のエルマー保育園  ケンパ高田

★綱島

大曽根保育園  尚花愛児園  なあな保育園  おおつな保育園
にじいろ保育園綱島  マイ・ハート綱島東保育園

★大倉山・菊名

大倉山保育園  太尾保育園  わおわお大倉山保育園  菊名愛児園  ペガサス新横浜保育園
ペガサス夜間保育園  聖保育園  くっくおさんぽ保育園大倉山  アスク大倉山保育園

★新吉田・新羽

しんよしだ保育園  オハナ新羽保育園

★岸根・妙蓮寺

菊名保育園  港北保育園  第二福澤保育センター  岸根保育園  マーマしのはら保育園

★小机・新横浜

ペガサスベビー保育園  ポピンズナーサリースクール小机

年齢別・子どもとの過ごし方

0〜6歳の頃、子どもとどんなふうに過ごしていたか、ココマップ編集会議で話し合ってみました。
ココマップメンバーの体験談を、年齢別に分けてご紹介します。






・ 徒歩で行けるところに行っていた。
・ 電車で移動するのは大変だったから、ベビーカーでひたすら歩いていた。
 >>ココマップ特集記事:乗り物シリーズ ベビーカー編
・ 午前中、砂場着を着せて公園で遊ばせていた。
・ 赤ちゃん会、サロン、マンションのサークル、おもちゃ文庫(しんよこはま地域活動ホーム)などに行った。
・ みなとみらいホールの『0才からの1ドルコンサート』に行った。
・ 上の子の幼稚園送迎時に園庭で遊ばせていた。
・ 上の子の生活パターンに合わせていた。
・ グループで遠出をし、上の子を見ている担当・下の子を見ている担当を決め、それぞれ遊ばせていた。
・ マンションの集会室で行われるサークル(月1回)に参加し、同年代のお母さんと知り合いになり、
 グループで活動するようになった。
・ 電車好きな子だから、電車に乗って出かけたり、電車の見えるところに行っていた。
・ 新横浜駅で入場券を買ってホームに入り、新幹線を見ることもあった。
・ 当時、町内会館で行われていた子育て支援者相談に参加した。







・ 赤ちゃん会卒業後、赤ちゃん会でお友だちになった人と一緒に遊ぶ時、どろっぷを利用した。
・ 当時は保育園の園庭開放でイベントや給食試食会などをよくやっていたので、それに参加していた。
・ ブックオフやダイソーで買い物のついでにおもちゃなどで遊んでいた。
・ わんぱくな子だったので、室内よりも公園へ行くことが多かった。
 >>ココマップ特集記事:みんなの公園 親子で楽しもう
・ 思いきり外で遊ぶ日と静かに家で休む日を決めて、生活にメリハリをつけた。
・ 車で出かける必要性を感じ、教習所のペーパードライバーコースに通った。車で出かけられるようになり楽になった。
 >>ココマップ特集記事:乗り物シリーズ 自家用車編
・ 習い事をさせるようになった。ベビーヤマハ・リトミック・スイミングなど。
・ 電車で遠くのデパートへ出かけ、買い物+屋上で遊ぶ。(例:新宿伊勢丹の屋上は芝生張りで遊具もあり)




・ 電車やバスなどの公共の乗り物を利用して出かけるようになった。
・ インプレなど有料施設を利用した。
 >>ココマップ特集記事:インプレ情報
・ 幼稚園降園後、お友だちと遊んだ。水曜など午前保育の日は、お昼ご飯を買って一緒に公園へ行き、遊んだ。
・ 子ども自然公園(万騎が原)は遊具やアスレチックがあり、お勧め。
そのほか行ってみよう!

子育てひろば わっとほーむへ行ってきました!

新横浜駅より徒歩6分の、オフィスビルなどが立ち並ぶ場所にあるため、
はじめはどんな場所なのだろうと想像もできませんでしたが、
一歩足を踏み入れると、そこがビルの一室であることを忘れてしまうほど
居心地の良い空間でした。


広さはおおよそ10帖2間ほど。
部屋の一室は決して広くはないですが、玩具(ブロック、車、三輪車、手作り玩具など)に遊具(滑り台)、本を読んだり折り紙をしたりと作業する机や椅子も置いてあり、お昼にはバウンサーや椅子に座らせ離乳食やお弁当を食べるスペースへと変わります。

奥の一室はサンルームのようになっているため明るく、天井からぶら下げられた手作りの玩具がゆらゆら揺れていたり、まるで田舎のおばあちゃんの家に遊びに行ったような安心感のあるちょっと懐かしい癒しの空間でした。
荷物を入れるロッカーが6個あり、窓からはビルの目の前を走る横浜線もよく見えました。
電車好き男子(女子にも)にはたまらないオススメのスポットで、子ども達も電車が通るたびに興奮して見入っていたのが印象的でした。
奥に位置するベランダには、水遊びも可能なスペースも有り夏はおおいに楽しめそうでした。

一時保育の他に、イベントとしてリトミックなども開催しているそうです。
月齢の小さなお子さんが多く利用しているようでした。
わっとほーむへ行ってみて・・・
まるで誰かのお家に招かれたように寛げる (Kさん)
特に子どもが小さいうちは情報も少なく、行く場所が限られてしまうので、
話し相手もいなかったりします。
ここでスタッフの方と育児の話をしているだけで、
日々の子育ての疲れが軽減されるように感じました。
またすぐに行きたいな〜と思った、母子に優しい癒しの場所でした。
安心出来る場所 (Wさん)
スタッフの方も親切に話を聞いてくださり、子ども達のこともよく見てくれていたのが印象的でした。
初めての場所でこんなに寛いでいられるのには驚きました。
それぞれが自由に過ごすことができ、優しい時間が流れていました。
育児に少し疲れたらフラ〜と行ってみてはいかがでしょうか?
ママも子どもも元気になれる、素敵な空間です。
ツチノコネット ツチノコ公園遊びへ行ってきました!
2013年4月に始まった、太尾南公園で行われるツチノコ公園遊びへ、
2歳の娘を連れて行ってきました。
こちらの公園遊びは、毎月第2水曜日 11時〜14時 太尾南公園で
行われています。


太尾南公園に到着!
梅雨明けの猛暑日の昼間の公園遊び、ちょっと厳しいのでは?と思いましたが、エレベーターをのぼり、公園に着くと、気持ちの良い涼しい風が通り抜けました!
公園は地上より涼しく風通しもよく、心地よかったです。
大きな木陰に、ツチノコ公園遊びという旗が、はためいていました。
特に受付などはなく、出入り自由で、この日は20組近くの親子連れが来ていました。

どんなことをしているのかな?
11時すぎから、木陰に敷かれたブルーシートの上で、
スタッフの方が、絵本と紙芝居の読み聞かせをしてくれました。
その後は、自由に遊びます。

シャボン玉や色水遊びの用意をしてくれていました。
赤ちゃんが水浴びできるようなビニールプールもありました。

公園内の小川でザリガニ釣りもできます。
スタッフの方が、ザリガニ釣りのえさのスルメとツリザオも用意してくれていました。

子ども達は、みんなおのおの夢中で遊んでいました。


ママたちには、冷たいコーヒーがふるまわれ、
ほっと一息入れることが出来ました。
この日は、ツチノコ応援団(ボランティアスタッフ)の方が、
手づくりクッキー(なんとツチノコの形のクッキー!)を焼いてきてくださり、
皆にふるまってくれました。
子ども達は楽しそうに遊び、ママたちもゆっくりお茶することができ、
癒しの時間でした。

ツチノコネットの想い
代表の皆さんも、幼稚園以下の子供を持つママさんたち。
普通の公園遊びでは、なかなか出来ない「どろんこになって、思い切り外遊びできる場所」があると
いいなぁ・・という想いで始まったツチノコネット公園遊び。
そんなママさんたちの、あったらいいな・・・あんなことしたい、こんなことしたい、という想いが
いっぱいつまった素敵な遊び場!! ぜひ皆さんも足を運んでみて下さいね。
    

ツチノコ公園遊びへ行ってみて・・・ (Nさん)
その日は、35度超えの猛暑日だったにもかかわらず、太尾南公園は、風通しがよく涼しく
感じました。
その上、ツチノコネットのスタッフさんやボランティアさんの工夫や優しい心遣いが伝わってきて、
初めて行ったのに、とても居心地良い場所でした。
2歳の娘も、色水遊びにはまり、いろんな色の色水を作ってビニールに入れて、大喜びでした。
しゃぼん玉の遊び道具もたくさんあり、お友達と取り合いになることもなく、平和に過ごせました。
たくさんの遊びの仕掛けが用意されており、まさにプレイパークの幼児版という雰囲気でした。
また、娘を連れて訪れたいと思います。
地域での子育て相談
各地区センター・地域ケアプラザに、子育て支援者の相談日があります。
(子育て支援者・・・子育ての経験者で、区指定を受けた支援者。自らの経験や情報をいかして、
 地区センターやケアプラザでの相談や、子育てグループへの支援等を行っています。)
子育て支援者会場の情報はこちらのページをご参照ください。