Home > (No title)

2007/01/25  (No title)  [ メニュー: 学ぶ ]
福祉クラブ生協主催の食育講座に参加してきました。今回は、連続講座の第2回目でした。
第1回めの前回は、食品添加物の話でしたが、今回は「食育」という言葉が示すもの、という内容でした。

食育とは、食べる側と作る側の両方が育っていくこと。
食べるものの生産から廃棄まで考えることが大切だという言葉がとても印象的でした。

また、マスコミ情報だけに頼らない必要があるという点。
今は遺伝子組み換え作物についてほとんど報道されなくなってしまったが、実は97年以来、毎年10%以上増加しているということ。
「マスコミ情報に頼らない」というのは、私も常々考えていることですが、こういった食の世界の話も、報道されない真実がかなり多そうです。

講義のあと、食べ比べがありました。

みそ汁は、かつおでだしを取って無添加のみそで作ったものと、市販のだし入りの味噌を使ったみそ汁。五目寿司の素も添加物の入ったものと入っていないもの。牛乳は、パスチャライズド(低温殺菌)のものと、高温殺菌のもの。牛乳の味の差は歴然としていました。

ちょっとおなかが満たされて、講座は終わりました。
100円で保育もついていて、なかなかためになる講座でした♪



2007/01/25  22:25
投稿者: tani