Home > 病児保育を初めて利用しました。

2006/10/30  病児保育を初めて利用しました。  [ メニュー: 健康 ]
こんにちは。実は10月半ばから娘が風邪を引き、治ったと思っていたのですが、4日毎に、夜熱を出し、朝昼発熱せず、そして非常に元気で食欲もあり、快眠快便の状態が続いているという奇妙な病状が続いていました。
 先週の水曜日、自分が病児保育を登録してあるクリニックで診てもらったところ、なんと血液検査の結果、娘はマイコプラズマ肺炎の初期の状態でした。
 仕事を休めないのでそちらの病院の病児保育で1日、みてもらいました。あらかじめ登録はしておいたので、あとは着替えやお薬、おむつなどを一式カバンに詰め込んで、持っていき、そこでもう一度医師の診察を受け、保育室に入りました。
 入ると既にアンパンマンのビデオが流れていて、娘はもう釘付け。その間、保育師さんの問診に親の私は答えていました。
私が仕事に行くとき、娘はバイバイして機嫌良く送り出してくれました。
 この一日の間、保育師さん、看護婦さん、調理師さん、そしてもちろんお医者様の4人の至れり尽くせりの保育と看病には本当に感謝です。
娘は非常にリラックスして、歌を歌ったり踊りを踊ったりお話をしたりして、楽しく過ごしていたようです。私が夕方迎えにいくと、にこにこ笑って出迎えてくれました。
 私たちは子供が熱が下がったら、すぐいつもの保育園に連れていきがちですが、治りかけの子供にとってはとても体力を消耗するそうです。
そしてぶり返しもするそうです。
 せっかく市が運営してくれている病児保育が、いかに貴重な場所であるかを考えさせられました。
 そして、思い切って1日預けた後、娘が精神的にお姉さんになった様な成長ぶりも感じました。
 わたしにとっては、貴重な体験だったと思います。


2006/10/30  22:58
投稿者: hashidume