Home > ArchiveList > 2006-8

2006.08.30
やっと終わった夏休み  [ メニュー: 成長 ]
やっと、やっと終わりました。
終わってしまえば、あっけない夏休みですが、息子は最後の最後まで宿題の工作をし、母としては、自分の未熟さを思い知らされる夏休みでした。

息子が大きくなってきて、宿題はちゃんと早めに終わるようにとか、いろいろな課題もちゃんと合格できるようにとか、あれこれ口やかましく言ってしまう自分がいて、それは子どもがつまづくことのないようにと思う一方で、心のどこかに私はちゃんと子育てをしていると見られたいという思いがあります。
でもそんなことは、子どもは見抜いていて、昨日ポツリと「合格できるのはいいけど、自分の足跡が残っていない気がして、満足できないんだよね。」と言われてしまいました。

母、反省です。

そういえば、赤ちゃんの頃、昼間じゃなくて、夜寝てくれないかなと思い、夜寝るようになると、早くお座りしてくれないかなあと思い…、早く成長してくれとそればかり考えていたことを思い出しました。
毎日当たり前の暮らしをしていれば、ちゃんと成長していくんだけど、それが待てなくて、イライラしていたようにも思う。

そしてこの夏も、子どもは気づかないうちに成長していて、母は相変わらずあれこれと口やかましいだけだった…と思い知らされたのでした。

ま、それだけいえるようになったのだから、今日からしっかり自分の足で歩いていってちょうだいね!!!



2006/08/30  09:02
投稿者: kokomiura

2006.08.24
園庭開放で水遊び  [ メニュー: 遊ぶ ]
今日は近くにある大倉山保育園の園庭解放日。先日ふと思いついて電話をしたらこの時期はビニールプールが用意されていて水遊びができるとのことで行ってきました。
いつもなら息子をおんぶして娘を着替えさせ、プールに入れて、なのですが、今日は例の学生ボランティアさんに手伝ってもらったので母は楽チン楽チン。娘も堪能できたようで(息子は涼しい室内で待機)、よかったです。

大倉山保育園の水遊びは今月いっぱい(7、8月)で終了とのことですが(もっと早く気づけばよかった)、入る前と出た後に園の先生がシャワーで体を洗ってくれるし、プールの水も温水と気が利いています。この辺では大曽根保育園も園庭解放で水遊びができるそうです。
オムツの取れていない子が入れるプールって近くにはあまりないので貴重な存在。来年、ココマップの水遊び情報に掲載してはどうかな、と思いました。


2006/08/24  16:41
投稿者: yuyu

2006.08.23
そういえばちょっと前になりますが、日吉のNAPというライブハウスに行ってきました。

メールロードにあるごく小さなところなのですが、なぜかここで、年に一度くらい、私の大好きな木村充揮という(元憂歌団、誰も知らないか)人のライブをやるのです。もっぱら大阪で活動してる人なので、なかなか関東には来てくれないのですがなぜ日吉に?と思いつつ妊娠してたり子供が小さかったりで全然行けなかったのです。でも今回は三歳の長男とダンナを連れて、チャレンジしました。

アットホームな地元のお店で、音楽も渋いブルース系なので、子連れでもあまり違和感なく居ることができました。小さい子がいるもので木村さんもびっくりして、子供に受けそうなギャグを言ってくれたりおかしな演奏で笑わせてくれたり、うちの子も大笑いして、そのすっとんきょうな笑い声に他のお客も笑い出し、というなごやかムードになってほっとしました。
でも長男はだんだんハイになってしまい、笑いすぎてバラードの時も爆笑しはじめたので、ダンナがあわてて外に連れ出して。それっきり帰ってきませんでした・・・私はちょーっと孤独でしたが、でもライブが見られてそれだけでも感動だったからよかったか。

音楽は子供も大好きだし、たまにはこんな本物に触れる体験もいいなと思ったけれど、お客も演奏する人もがんがんにたばこを吸うので、煙で「目が痛い」と子供は訴えていました。ごめんね。でもママは来年も連れて行くよ、たぶん・・・。


2006/08/23  02:05
投稿者: oku

2006.08.21
忙しい子どもたち  [ メニュー: 成長 ]
夏休みもあと一週間程度。長い長いと思うけど、意外とここまでくると短く感じます。

うちの周りは進学塾が山ほどあって、選り取りみどり状態で、朝早くから夜遅くまで子どもたちがお弁当持ちで通っています。
そういう子どもたちを見ていると、なんだか哀れというか、これでほんとにいいのかなあと思う。
小学校5,6年生ならまだわかるんだけど、3年生とかもっと早い子は2年生からの塾通い。
子どもの身体が成長するその年代に一日中クーラーの効いたところにいるというのは、なんだかゆがんだものを感じてしまうのは、私だけ?
この間出会った4年生の女の子は、午前中プール、昼から進学塾、夕方ピアノというのが一日のスケジュール。朝お弁当を持って家をでて、ママとは携帯でやり取りしているらしい。一人でそこまでできるということにもびっくりしたけど、その過密スケジュールにもびっくり。
そういう生活が夏休み中続くんだもの。

そんなに生き急がなくてもいいのにね。

子ども時代には、その年にしかできないことを思う存分体験して欲しいと思うのでした。





2006/08/21  14:55
投稿者: kokomiura

2006.08.20
この夏の課題のひとつである長女のトイレトレーニング。ふと思い立って先週木曜から綿パンツをはかせています。最初の日こそ失敗続きでしたが、昨日今日とだいぶ成功率が上がってきたような。でもウ○チをトイレでするのが怖いようで、頑なに拒否します。う〜ん、困ったな。補助便座ではなく私の膝に乗せてみようかな。。何かいい方法あれば教えてください!

話は変わりますが、自分が好きだった絵本は子供にも読んであげたいと思いますよね。
私もいくつかそういう本があるのですが、そのひとつが「シンデレラ」。まだ長女には早いかなと思いつつ、近頃本屋さんで下見だけはしていました。が、内容が簡略すぎたり逆に立派すぎたり、なかなか私がイメージするものがみつかりませんでした。ところが、先日地区センター図書館のリサイクル文庫で発見!!係りの人に伺ったら自由に持ち帰っていいとのことだったので、ありがたく頂いてきました。娘も気に入ったようで毎晩読んでいます。
そして次は、「ちびくろさんぼ」。一時廃刊となりましたが、最近復刊したとか。やった〜、と思って本屋で手にとったものの「??」。なんとなく自分が読んでいたものと絵のイメージが違うような。。もちろん、ストーリーは同じだし、子は子でその本に親しめばいいので問題はないのですが、親的にはイマイチ盛り上がらず。。でも私の記憶、かなり曖昧なので、もしかしたら同じ本だったかな〜、などと迷うばかりで(ネット等で調べる限り私が読んでいた昔のものと同じはずなんです)なかなか買うにいたりません。。
皆様、こういう経験ありませんか?あ、因みにその他の私の一押し絵本は「いやいやえん」と「かえるのエルタ」です。
シンデレ


2006/08/20  22:00
投稿者: yuyu

2006.08.16
日曜日の夜、ナイトズーラシアに行ってきました。
まず、出迎えてくれたのが、インドゾウ。
ライトに照らされて、陰影がはっきり見えるためか、昼間より、象の姿が大きく見えて、よりリアルに見えました。
夜のトラも迫力ありましたよ。
急に、すばやく走り出す姿に、見ている人間たちが思わず「おー、おー」と歓声。
その他にも、サル・ペンギン・オットセイ・カンガルーなど、夜のほうが、活発に活動している動物がいっぱいで、大人も子どもと一緒になって、夢中になりました。
夜の動物園、結構おもしろいですね。
開園時間が8時30分までで、少し早めに回らないと、全館見ることができなかったのがちょっと残念。
もう少し、ゆっくり見られるといいなと思いました。
8月中の土・日にやっていますので、ぜひ、出かけてみてください。


2006/08/16  09:55
投稿者: seki

2006.08.13
行ってきました!
恐竜展

どういうわけか、恐竜展が好きで、毎回行っていますが、今年も幕張まで行ってきました。(遠かったあぁ)


[続きを読む...]


2006/08/13  15:19
投稿者: kokomiura

2006.08.06
最近の出来事  [ メニュー: つぶやき ]
ここ暫く、二人の子供が立て続けに夏風邪を引き、ご無沙汰をしておりました。

ところで、最近びーのびーの「わくわく子育てサポーター」制度を通じて、学生ボランティアさん二人が子育て体験ということで我が家にお手伝いに来てくれています。
学生受け入れの話を打診されたときは正直戸惑いましたが、思えば私も学生の頃にカナダにホームステイした際、ホストファミリーにとても親切にされ、貴重な経験をしたことを思い出し、引き受けることにしました。
二人のうち一人は、保育を専攻する大学3年生、もう一人は少子化を卒論テーマにしている大学4年生です。実際に来て頂いてびっくり、二人とも小さい子供の扱いにとても慣れていて、初日からすぐに子供達はなついて楽しそうに遊んでいました(ご存知のとおりうちの上の子は人見知りが激しいのに、ものの3分で打ち解けました)。
写真は、皆で一緒に近くの公園に行ったときのもの(左の二人が学生さんとうちの子です)。
普段は、下の子を抱っこ(またはおんぶ)したまま上の子を遊ばせるので私はクタクタ、上の子は遊び足らずに不完全燃焼、、ということが多いのですが、この日は上の子も下の子も学生さんに見ていただいて、私は木陰で写真撮影、と大満足な一日でした。
もちろん、この制度の趣旨は「学生さんの子育て体験」なので、ただお手伝いしてもらうだけなく、色々と体験してもらったり、説明したり等々気を使うことも多いですが、学生さん達と子供達とが触れ合って、お互いに少しでも感じるところがあれば幸せだな、と思っています。
外遊び<br />
<br />


2006/08/06  22:34
投稿者: yuyu

2006.08.01
夏休み、いかがお過ごしですか?

プール特訓命令のでた我が家、どこのプールに行こうかと悩んだあげく、結局日産ウォーターパークに行ってきました。


[続きを読む...]


2006/08/01  21:09
投稿者: kokomiura